熊本市東区の内科・循環器内科・小児科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙外来・在宅診療のグレースメディカルクリニック

自閉症スペクトル障害とは?

自閉症スペクトル障害とは?

JIHEI01自閉症スペクトル障害(ASD,Autism Spectrum Disorders)は、人種や社会経済的レベルは問わず広がっています。米国だけでも100人に3,4人の子供が何らかの形で自閉症にかかっており、自閉症にかかっており、自閉症と診断される子供の人口は増えています。
自閉症の症状には個人差が大きく、子供とその親は、多種多様な生体と行動の困難さを被ることになります。効果的な治療法は、特別な教育を行って言語コミュニケーション能力や社会的意識および社会的反応を高めるとともに、簡便なラボ試験により栄養学的、環境的影響を調べるなど、両側面から対処することです。
自閉症の核心は中枢神経系の複雑障害にあります。
障害の原因は多因子であり、腸の免疫機能障害、オピオイド生化学における異常、肝臓解毒の不調による身体への負担を高める体内異物の蓄積などが関連していると考えられます。

遅延型食物アレルギー検査

子供の心身に負担となる食品を見つけるために

JIHEI02こうした子供たちは、腸の免疫機能の変化が確認されており、それが、深刻な胃腸病編につながるとする研究が多くなさあれています。刷子縁酵素機能の損失および腸の過剰な透過性により、食物由来のペプチドが腸バリアを突き抜けてアレルギー性の炎症反応を起こし、高濃度状態で血流に入ってくるようになります。これらの食物由来ペプチドの幾つかは脳内でアヘン剤受容体を刺激する可能性のあるアヘン剤またはエプドルフィン様物資を出しており、結果的に行動異常を引き起こします。

JIHEI03特に小麦グルテンと牛乳由来のカゼインは、こうした食物由来ペプチドが持つ固有の生物活性オピオイド物質によって自閉症の主症状を悪化させます。他に関連する食物由来ペプチドには、米、肉類、ほうれん草などがあります。

指先からの少量採血で96種類の食物を検査「アレル・チェック」

JIHEI04グレースメディカルクリニックでは、USバイオテック研究所の検査を採用しております。
USバイオテック研究所の検査キット「ALLER-Check アレル・チェック」は、ELISA法によるIgG抗体検査(IgG Subclass 1,2,3,4)で、日本でよく食べられている96種類の食品を幅広く調べることが出来ます。約2週間で検査結果レポートと「食物の除去&ローテーションガイド」をお届けします。正確で信頼性の高い検査を保証するため、USバイオテック研究所ではすべての検査を二重に行っています。

当クリニックで行っております遅延型食物アレルギー検査に関する詳細情報はこちらをごらんください。

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:30
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.