熊本市東区の内科・循環器内科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙治療・在宅診療のグレースメディカルクリニック

自由診療は完全予約制です。必ず事前にお電話、もしくはネットにてご予約をお取りください。

ネット予約をする

MENU

遺伝子検査(未病検知・疾患早期発見検査)

この項目は自由診療です。医療保険制度はご利用いただけません。

遺伝子検査

当院の遺伝子検査は、テロメアテストミアテストにより、疾患リスクを知り、既にかかっている疾患を超早期発見するための検査です。
テロメアテストとミアテストは同時に測定が可能です。

1.テロメアテスト(未病リスク検査)

テロメアテストとは?

テロメアテストとは、「遺伝子強度」と「遺伝子疲労度」を測定し、疾患リスク(未病状態)を知ることのできる検査です。
遺伝子への負荷が大きいと、ガン、動脈硬化、慢性心不全、糖尿病などのさまざまな疾患になるリスクが高まります。
テロメアテストは採血による検査のため、身体への負担も少なく済みます。

テロメアとGテール

telomere01

テロメア

テロメアとは、染色体の末端で遺伝子を保護している部分のことを言います。
その長さは加齢により徐々に短くなっていき、短くなると疾患リスクが高まります。テロメアの長さは個人差があるため、同じような生活習慣であっても疾患リスクには個人差が出てきます。
テロメアの強度は、「遺伝子強度」であると言えます。
「遺伝子強度」からは、これまでの生活習慣から受けた遺伝子への負荷の蓄積がわかります。

Gテール

Gテールとは、テロメアの最末端にあるしっぽのような部分のことを言います。
その長さはストレスにより急激に短くなりますが、環境改善による修復が可能です。通常テロメアの長さが長い人ほど、Gテールの長さは短い傾向にあります。
Gテールの長さにより「遺伝子疲労度」がわかります。
「遺伝子疲労度」からは、現在の生活習慣から受けている遺伝子への負荷がどれくらいなのかがわかります。

2.疾患の早期予測検査

mia01
当院の早期予測検査は、疾患を超早期発見し、手遅れになるのを防ぐための検査です。
疾患にかかった際に細胞からは粒子(エクソソーム)が分泌されます。その粒子に含まれるバイオマーカー(マイクロRNA)を検出することで、症状が出る前に疾患を超早期発見し、対処することが可能になります。

現在実施している検査

  • 乳ガン
  • 膵臓ガン
  • アルツハイマー・認知症
  • ミアテストプレミアムガンスクリーニング
    (胃ガン、大腸ガン、肺ガン、肝臓ガン、脳腫瘍、食道ガン、膵臓ガン、頭頸部ガン、腎臓ガン、前立腺ガン、甲状腺ガン、乳ガン、卵巣ガン、子宮頸ガン)

検査結果の判定基準

mia02

乳がんについて

rna
日本人女性に増え続けている乳がん。早期に発見して適切な治療を受けることで、完治する可能性がたかいといわれています。
しかし、乳がんはある程度の大きさでなければ発見は難しいそう。早期発見のための検査について詳しく解説いたします。

女性の乳がんが増えているそうですね。
国立がん研究センターによると、5年前は7万2500人だった女性の乳がん罹患(りかん)数は、2016年は9万人になると予測されています。
乳がんは30歳代から増加し始め、40歳代後半~50歳代前半でピークを迎えます。
しかし、閉経後や20歳代で患う人もいるので、誰もがかかる可能性がある身近な病気として認識しておきましょう。
定期検診などを受けていれば早期発見が可能でしょうか。
乳がんは初期の場合、ほとんど自覚症状がありません。進行とともに、しこりはくぼみ、乳頭からの分泌物などの症状が現れます。
国は40歳以上の女性に、2年に1度は乳がん検診を受けるように推奨しています。しかし、実際は受診率が伸び悩んでいるのが現状。
そこでセルフチェックや定期検診と併せて、採血による検査をお勧めします。
採血による検査はどのようなものですか。
採血をして、乳がん細胞から分泌されるバイオマーカー(マイクロRNT)を検出する遺伝子検査です。
既存の画像検査では見つけられなかった1㎝以下の小さな腫瘍でも、発見できる可能性があります。採血するだけなので痛みは小さく、時間もかかりません。検査後2~4週間ほどでがんのリスク判定が報告されます。
判定で結果が良くない場合はどうすればよいですか。
リスク判定は、がんの進行具合とは無関係です。判定がよくない場合でも、がんが大きかったりステージが進んでいたりするとは限りません。
ただ、医師と相談の上、適切な予防対策や精密検査を受けることをお勧めします。「高濃度ビタミンC」の点滴療法は、ビタミンCの抗酸化作用により、がんの原因とされる活性酸素を無害化します。副作用が少なく、抗がん剤や放射線療法との併用も可能です。
採血でほかの部位のがんも調べられますか。
当院の方法では、男性は12種類、女性は13種類のがんを一度の採血で検査できます。がん遺伝子検査で、現状のがんリスクを把握して、生活習慣の改善などで予防することが大切です。詳しくは当院にお尋ねください。

遺伝子検査を詳しく知りたい

詳しい内容はこちら
株式会社ミルテル公式ホームページ

遺伝子検査(ミアテスト)の料金表

項目数 金額(税込)
乳がんのみ 23,100円
膵臓がんのみ 38,500円
3項目 110,000円
4項目 132,000円
5項目 154,000円
6項目 165,000円
7項目 176,000円
8項目 187,000円
9項目 198,000円
10項目 209,000円
11項目 214,500円
男性12項目、女性13項目 220,000円
検査項目
①肺、②食道、③胃、④大腸、⑤肝臓、⑥膵臓、⑦腎臓、⑧甲状腺、⑨脳腫瘍、⑩胆のう、⑪前立腺(男性のみ)、⑫乳、⑬子宮頚(女性のみ)、⑭卵巣(女性のみ)


※自由診療のため、保険適用外になります。

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:00
木曜 08:30~12:00
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

診療時間

上部内視鏡   カプセル内視鏡   遅延型フードアレルギー検査   疾患リスク・超早期発見のための遺伝子検査   免疫細胞療法 AbeVax®
ワカサプリ® for PRO   腸内フローラ移植臨床研究会   腸内フローラ移植臨床研究会お問い合わせ・お申込み   点滴療法研究会
覚悟の瞬間 グレースメディカルクリニック 伊藤信久
東京キャンサークリニック提携医療機関   高濃度ビタミンC・マイヤーズカクテル・キレーション提携医療機関   オゾン療法提携医療機関   BAK療法
アクセス
院内をご覧いただけます。
ラウンジ

*医療広告ガイドライン限定解除による表示

グレースメディカルクリニックダイエットサイトリンク
カフェバンク

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.