MENU

リベルサス3・7・14mgを安く個人輸入する方法を紹介-安全性や危険性を解説

※ CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

  • GLP-1ダイエットを続けているけど、もっと安く済ませる方法はないの?
  • GLP-1ダイエットに使われるリベルサスは個人輸入で安く買えると聞いた

といった疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

リベルサスを安く購入する方法の1つが個人輸入ですが、医師の処方なしで服用すると副作用が出た際に適切な処置を受けられない可能性があります。

そのため、オンライン診療に対応していてリベルサスが安く購入できるDMMオンラインクリニックがおすすめです。

DMMオンライン GLP-1メディカルダイエット

>>DMMオンラインクリニックの詳細を今すぐ見る

こちらの記事では、リベルサスを個人輸入で安く購入する方法や危険性・リスクの可能性、およびクリニックで処方してもらう方がおすすめの理由について解説します。

記事の後半ではリベルサスの3mg・7mg・14mgを安く購入できるおすすめのクリニックを紹介しているので、GLP-1ダイエットを少しでも安く続けて、ダイエットを成功させたい方は参考にしてください。

関連記事:リベルサスを通販で安く買えるおすすめのクリニック3選-オンライン診療対応

あわせて読みたい
リベルサスを安く買えるおすすめのオンラインクリニック3選|どこが安い?個人輸入と比較するとどうなの... ※ CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR リベルサスをできるだけ安く購入したいものの、「安くておすすめの通販サイトはどこ?」「通販で購入する方法は?」と疑問を抱い...
目次

リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く個人輸入する方法

リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く個人輸入する方法は以下の2つです。

  • 自分で海外の通販サイトから購入する
  • 国内の個人輸入代行業者から購入する

自分で海外の通販サイトから購入すると、リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く入手できる可能性がありますが、基本的にやり取りが英語となるため、手続きがスムーズに進まない恐れもあります。

国内の個人輸入代行業者から購入する方法であれば日本語でのやり取りが可能ですが、リベルサスに関しては国内のクリニックでも同程度の価格で処方しているところがあるため、あえて個人輸入代行業者から購入するメリットはそれほどないと言えるでしょう。

リベルサスを個人輸入する際の注意点|危険性やリスクを解説

リベルサスを個人輸入すると安価で入手できる可能性がありますが、以下のような危険性やリスクがあることを知っておかなければなりません。

ここでは、リベルサスを個人輸入する際の注意点や危険性・リスクについて解説します。

リベルサスの薬剤としての品質が担保されていない可能性がある

日本では医薬品を作る際に創薬研究や開発研究、臨床試験、厚生労働省による承認などさまざまなプロセスを踏む必要があり、1つの医薬品ができるまでに9年から17年もの歳月が必要なため、国内で販売されている医薬品には高い品質が期待できます。

一方、海外から輸入する医薬品は日本ほどの厳格なチェックを受けていないうえ、衛生施設を完備していない工場で製造されている可能性もあるため、国内正規品ほどの品質が担保されていない恐れがあります。

厚生労働省のホームページでも、医薬品や医療機器の個人輸入に対して次のような注意喚起を行っています。

国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあり(中略)期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。

引用:厚生労働省|医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

品質が担保されていないリベルサスを服用した場合、期待したダイエット効果が得られないだけでなく、思わぬ副作用を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

リベルサスではない偽造薬剤の可能性がある

リベルサスに限った話ではないのですが、海外製の医薬品やジェネリックを個人輸入すると偽造薬剤や粗悪品が混じっているケースも珍しくありません。

なかでも偽造薬剤や粗悪品の割合が多いのはED治療薬やダイエット薬とされているため、リベルサスの個人輸入にはリスクがともなうことを覚えておく必要があります。

海外製の医薬品には国内で承認されていない成分を含んでいる可能性があるうえ、有効成分の含有量が多いため副作用を生じるリスクが高い商品もあります。

持病を持っている方やアレルギーをお持ちの方が海外製の医薬品を服用すると、副作用が強く出る恐れもあるため注意が必要です。

適切な服用方法が不明なまま使用する可能性がある

日本の薬局やドラッグストアで医療用医薬品を購入できないのは、医師が特定の医薬品の使用に適しているかどうかを判断して処方箋を出し、薬剤師による適切な服用方法の説明を受ける義務があるためです。

海外製の医薬品を個人輸入した場合、添付文書も外国語で書かれていることが一般的なため、適切な服用方法が分からないまま使用してしまう可能性があります。

リベルサスに限らず医薬品には「服用できない人」「併用禁忌」「慎重投与」など専門的な知識が求められるため、適切な服用方法が不明なまま使用することは危険極まりないと言えるでしょう。

副作用が出た場合に適切な応急処置ができない可能性がある

日本では医薬品を正しく使用したにもかかわらず重篤な健康被害が生じた場合に、医薬品副作用被害救済制度による給付が受けられます。

しかし、自分の判断で海外から輸入した医薬品を服用した場合、入院が必要となるほど重篤な副作用が起こっても、国による救済措置が受けられないことを知っておきましょう。

海外製の医薬品の服用による副作用が出た際に医療機関を受診しても、医薬品に含まれる成分や作用機序が確認できないと、迅速な処置が受けられない可能性があります。

リベルサスには重大な副作用として低血糖や急性膵炎の可能性が報告されており、最悪の場合は命に関わることも知っておく必要があります。

リベルサスの個人輸入は届出がない場合は罰則の対象になる可能性がある

一般の個人が海外から医薬品を輸入もしくは持ち込みを行う場合、原則として地方厚生局に届け出をして営業目的での輸入ではないとの証明を受ける必要があります。

証明を受けずに医薬品を海外から購入したり持ち帰ったりすることは法律違反となるほか、知人に譲渡もしくは販売するなどした場合も罰則の対象となります。

個人輸入代行業者のなかには違法行為を行っている業者も紛れており、商品に指定薬物やドラッグに当たる成分が混入している場合、購入者自身もトラブルに巻き込まれる可能性があるため注意が必要です。

実際にリベルサスを個人輸入した方の口コミ・評判を紹介

リベルサスを個人輸入で購入した方からは、次のような口コミ・評判が寄せられています。

本当に食欲を抑えるクスリですか? 酒飲み過食症の私は 朝リベルサスと 夜はカナグルを服用しています。 2ヶ月続けて体重の変化はマイナス2キロのみ。

2ヶ月でも高額ですよね···食欲は抑えられませんよ。普通にお腹はすくし 効かないのでこれでこのリベルサスは辞めます。14ミリを服用していたので悲しかったですね 高すぎ

引用:お薬なび
※ 個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。
※ 効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な治療方法をお守りください。

リベルサスは副作用のリスクを最低限度に抑えるため、通常は3㎎から始めて徐々に7㎎もしくは14㎎へと増量していくことが一般的です。

14㎎のリベルサスを服用してまったく効果が得られなかったのであれば、個人輸入で偽造薬剤や粗悪品をつかまされた可能性も考えられます。

3mg、高いけど通販便利だから思い切って買ったのに全然効果を感じなかった・・・。心もお財布もさみしい・・。

引用:お薬なび
※ 個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。
※ 効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な治療方法をお守りください。

個人輸入でリベルサスを購入した場合、医師や薬剤師による適切な服用方法に関する指導が受けられないため、効果を感じられないという結果に終わる可能性があります。

リベルサスでダイエット効果を期待するなら個人輸入よりもクリニックでの処方がおすすめ

リベルサスを使用してダイエット効果を期待するのであれば、以下の理由から個人輸入よりもクリニックで処方してもらうことがおすすめです。

  • 国内のクリニックでも個人輸入と同程度の価格でリベルサスを処方してもらえる
  • 医師や看護師の指導が受けられる
  • 不調が起こったときにすぐに相談できる

国内最安値クラスのDMMオンラインクリニックでは、3㎎のリベルサスを1ヶ月あたり7,980円で提供しています。個人輸入の最安値がおよそ7,447円~となっているため、安全性や副作用のリスクについて総合的に判断した場合、国内のクリニックで購入した方がよいと言えるでしょう。

国内のクリニックでリベルサスを購入すれば、正しい服用方法を指導してもらえるだけでなく、不調が起こったときにすぐに相談できる点もメリットの1つです。

リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く購入できるおすすめのクリニック3選【オンライン対応】

リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く購入したいのであれば、DMMオンラインクリニックがおすすめです。リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く処方している主なクリニックは以下の3院です。

スクロールできます
クリニック名こんな方におすすめ薬剤の種類料金送料オンライン
DMMオンラインクリニック根気強くGLP-1ダイエットの治療を続けたい方リベルサス・アカルボースなど7,980円〜/1ヶ月550円対応
提供:クリニックフォアなかなかダイエットが続かない方リベルサス・オゼンピックなどリベルサス
3mg:11,000円/月
7mg:22,000円/月
14mg:36,300円/月

オゼンピック
1本:29,700円
3本:84,645円
リベルサス:550円
オゼンピック:1,100円550円
対応
ファイヤークリニック少しずつ痩せやすい体質に近づけていきたい方リベルサス・サクセンダなど11,000円〜/1ヶ月無料対応

リベルサスの3mg・7mg・14mgを安く処方している3つのクリニックについて、さらに詳しく見ていきましょう。

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニック GLP-1メディカルダイエット

DMMオンラインクリニックのGLP-1メディカルダイエットには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
安価で治療薬を提供しているため、ダイエットを続けやすい
リベルサス以外にもさまざまなダイエットプランがあるため自分に合ったダイエット法を見つけやすい
オンライン診療に特化しているため、予約がスムーズにとれる
対面での診療は受けられない
医療機器を使用した施術は受けられない

DMMオンラインクリニックでは業界最安値クラスでリベルサスを提供しているため、根気強くダイエット治療を続けたい方におすすめです。

オンライン診療に特化しているため、対面診療を並行して行っているクリニックに比べると、予約がスムーズにとれる点もメリットと言えます。

対面診療を受けたい方は提携している六本木クリニックで相談可能です。

クリニック名DMMオンラインクリニック
こんな方におすすめ根気強くGLP-1ダイエットの治療を続けたい方
薬剤の種類リベルサス・アカルボースなど
料金7,980円~/1ヶ月
送料550円
オンライン対応

提供:クリニックフォア

クリニックフォアのGLP-1ダイエットには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
無理な食事制限やつらい運動を必要としない
なかなかダイエットが続かない方でも取り組みやすい
1週間に1回自己注射するだけのダイエット法もある
注射に慣れないうちは痛みが出ることもある
ダイエット初期に胃腸の不調を引き起こすことがある

クリニックフォアで用いられるGLP-1ダイエット治療薬には食欲を軽減する効果が期待できるため、無理な食事制限やつらい運動が必要ありません。

1週間に1回自己注射するだけのダイエット法も用意しているため、これまでのダイエット法がなかなか続かなかった方でも取り組みやすい点が特徴です。

自己注射に用いられる針は非常に細いため、慣れると痛みを感じにくくなります。

GLP-1ダイエットの初期に吐き気や胸やけ、便秘などの胃腸症状を引き起こすことがありますが、治療を継続するうちに気にならなくなるケースがほとんどです。

クリニック名クリニックフォア
こんな方におすすめなかなかダイエットが続かない方
薬剤の種類リベルサス・オゼンピックなど
料金リベルサス
3mg:11,000円/月
7mg:22,000円/月
14mg:36,300円/月

オゼンピック
1本:29,700円
3本:84,645円
送料リベルサス:550円
オゼンピック:1,100円
オンライン対応
施術の詳細
施術名GLP-1ダイエット(リベルサスやオゼンピック等を使用)
施術の説明食欲を抑える効果のある内服薬や注射薬を用いて体重を減らす施術です
施術の副作用(リスク)軟便・腹痛・嘔吐・低血糖・便秘・急性膵炎など
施術の価格8,500円~/1ヶ月

※本施術は公的医療保険制度が適用されない自由診療です
提供:クリニックフォア

ファイヤークリニック

ファイヤークリニックのGLP-1ダイエットには、以下のメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
満腹が得られやすい
内臓脂肪を落としやすくなる
基礎代謝を高めて痩せやすい体質に変えていける
費用が高額になるプランもある
副作用を起こす可能性がある

ファイヤークリニックで用いられるGLP-1ダイエット治療薬を服用すると満腹感が得られやすいため、自然と体重を減らす効果が期待できます。

基礎代謝を高めて痩せやすい体質に変えていけるだけでなく、内臓脂肪を落としやすいダイエット法のため、女性に比べて内臓脂肪が付きやすい男性にもおすすめです。

複数のダイエットプランを組み合わせると高額になるケースもあるため、予算に応じて無理のない範囲で行うことがおすすめです。

ファイヤークリニックに限らず、医薬品を用いたダイエット治療に副作用のリスクは付きもののため、医師の指導下で治療を受けることが重要です。

クリニック名ファイヤークリニック
こんな方におすすめ少しずつ痩せやすい体質に近づけていきたい方
薬剤の種類リベルサス・サクセンダ
料金11,000円~/1ヶ月
送料無料
オンライン対応
施術の詳細
施術名GLP-1ダイエット(サクセンダ・リベルサス)
施術の説明食欲を抑える効果のある内服薬や注射薬を用いて体重を減らす施術です
施術の副作用(リスク)口渇感・下痢・腹痛・吐き気など
施術の価格1ヶ月あたり11,000円~

※本施術は公的医療保険制度が適用されない自由診療です
引用:ファイヤークリニック

リベルサスを取り扱っているクリニックを選ぶ際のポイント

リベルサスを取り扱っているクリニックを選ぶ際には、以下3つのポイントをチェックしておきましょう。

  • 治療薬と送料の合計金額を確認する
  • 予約がスムーズにとれるか確認する
  • 口コミを確認する

GLP-1ダイエットは痩せやすい体質に少しずつ変えていく治療法のため、ある程度の期間は継続して治療を受ける必要があります。

その際にネックとなるのが薬代や送料なので、クリニックを選ぶ際には1ヶ月あたりどれくらいの費用が掛かるのか合計金額を計算しておくことが重要です。

対面診療であれオンライン診療であれ、GLP-1ダイエットの治療中は1ヶ月に1回医師による診察を受ける必要があるため、予約がスムーズにとれるかどうかもチェックポイントの1つです。

DMMオンラインクリニックであれば1ヶ月あたりの費用を安く抑えられるだけでなく、オンライン診療に特化しているため予約もスムーズにとれます。

実際にGLP-1ダイエットを受けた方のリアルな反応を知りたいのであれば、口コミを確認するのが一番わかりやすいでしょう。

DMMオンラインクリニックではオンライン診療をはじめて間もないためまだ口コミが見当たりませんが、リベルサスを利用した多くの方が「ダイエット効果があった」と評価しています。

リベルサスを個人輸入して身体に悪影響を及ぼさないためにもクリニックで処方してもらいましょう

GLP-1ダイエットに取り組んでいる方の中には、薬代を抑えるために海外の通販サイトからリベルサスを個人輸入される方もいるようです。

海外の通販サイトからリベルサスを個人輸入すると偽造薬剤や粗悪品をつかまされる可能性があるうえ、医師の処方なしにリベルサスを服用すると、入院が必要なほど重篤な副作用が起こっても国による救済措置が受けられません。

DMMオンラインクリニックでは、海外の通販サイトとそれほど変わらない価格でリベルサスを提供しているため、わざわざ罰則の対象となるリスクを冒してまでリベルサスを個人輸入する必要はないといえるでしょう。

GLP-1ダイエットは少しずつ痩せやすい体質に変えていくダイエット法のため、ある程度の期間は継続して治療を受ける必要があります。

リベルサスを個人輸入して身体に悪影響を及ぼさないためにも、ダイエット治療薬はDMMオンラインクリニックで処方してもらうことがおすすめです。

DMMオンライン GLP-1メディカルダイエット

本ページはメディカルダイエット Lifeが独自に制作しております。クリニック等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。本ページは編集ポリシーに則って施術・サービスを紹介しており、クリニック等の意見を代弁するものではありません。本ページでは正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。本ページで記載している価格は全て税込み表記です。掲載している口コミは個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。効果・効能・副作用の現れ方は個人差がございます。医師の診察をうけ、診断された適切な治療方法をお守りください。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

本サイトの運営者

グレースメディカルクリニックでは、運動不要のダイエット方法として「GLP-1」「デュアルGIP」「エムスカルプト」「エムセラ」「ダイエット補助食」等を取り扱っております。施術やプランの詳細は下記リンクをご確認ください。診療科目:内科、循環器内科、糖尿病脂質代謝内科、禁煙外来、在宅診療。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次