熊本市東区の内科・循環器内科・小児科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙外来・在宅診療のグレースメディカルクリニック

BAK療法(免疫細胞・ガン治療)

BAK療法の特徴

特許取得した免疫細胞活性化技術

免疫細胞「BAK療法」は、免疫細胞によるがん治療として確立し、がん細胞を攻撃するキラー活性を増強したリンパ球として、特許を取得しています。
治療を開始して以来、10年を超える実績の中で、高い治療効果を実証しており、同時に学会発表でも高い評価を得ています。特に「手術後の再発予防」には特筆すべき結果を得ています。

免疫細胞の増殖率が圧倒的に高い

免疫細胞療法は、免疫細胞を増殖するために培地と言われる栄養源を使います。
免疫細胞「BAK療法」で使用する培地は、無血清のALys-BAK培地です。人の血清を全く使用しないことで、未知のウイルスや細菌が混入しない安全な培地です。また、他の培地に比べ、細胞増殖機能が極めて優れています。
さらに最新の細胞培養設備と培養技術により、免疫細胞を約100億個まで増殖します。通常の約10〜60億個の培養に対し、約2〜10倍の増殖を可能にしています。

多種のリンパ球を

免疫細胞「BAK療法」に含まれる免疫細胞の種類が多く、その中でもNK細胞、γδT細胞(CD56陽性)はそれぞれが特徴ある細胞です。

がん細胞の認識

一般の免疫細胞療法

がん細胞の認識方法が限られている、認識できずに攻撃できないケースが多い
一般の免疫細胞療法は、CTL細胞(CD8陽性)を主に使用します。※CTL療法や樹状細胞療法等
CTL細胞は、がん細胞にある【がん抗原】と【HLA-I】と呼ばれる2つの目印を同時に認識し攻撃します。
しかし、がん細胞はずる賢く、進行するにつれて約70%が1つの目印【HLA-I】を隠してしまいます。
つまり、CTL細胞は、がん細胞の約70%を認識できず攻撃できてません。がんが進行するにつれ、治療効果が極端に低下していました。

がん細胞の【がん抗原】【HLA-I】を同時認識 CTL細胞(CD8陽性)

免疫細胞「BAK療法」

様々な方法でがん細胞を認識、多方面から攻撃する
免疫細胞「BAK療法」は、NK細胞、γδT細胞(CD56陽性)を主に使用します。(CLT細胞も使用しています。)
NK細胞は、一般の免疫細胞療法とは逆に、正常細胞の【HLA-I】を認識し、それ以外の異常な細胞、つまり、がん細胞を攻撃します。
従って、がんが進行した場合でも、がんを効率良く攻撃できるため、非常に高い治療効果が得られています。

正常細胞の【HLA-I】を認識 NK細胞(CD56陽性)

がん細胞の【がん抗原】【HLA-I】【MIC A/B】【IPP】を認識 γδT細胞(CD56陽性)

BAK療法の治療

治療内容

問診・採血・点滴の外来治療です。
【採血】→【培養】→【点滴投与】の2週間の流れを、1ヶ月に1〜4回を12回行うことを基本とし、これを1クールと位置付けています。
患者さんの状態に応じ、ステージⅠでは月2回、ステージⅡ〜Ⅳでは月4回のペースで、1クールの治療を推奨しております。その後、状態を診て医師と相談しながら治療回数を決定します。

治療対象

血液のがんを除く全ての固形がんが対象です
免疫細胞「BAK療法」では、血液中の免疫細胞を培養するため、白血病や悪性リンパ腫など血液のがんを除いた全固形がんの治療を行っております。
但し、HIV・HTLVウイルス陽性・自己免疫疾患の方については、お断りさせて頂いています。

血液検査

特殊血液検査

免疫細胞「BAK療法」では、免疫細胞を培養するための採血と同時に血液検査を行います。
免疫細胞「BAK療法」では、一般の血液検査に加え、がんの病態把握を重点とした血液検査を実施しています。
血液検査は一つ一つの測定項目の臨床意義を踏まえ、総合的な診断により、病気、病態を推測しています。

腫瘍マーカー検査

CEA|NSE|抗p53抗体|AFP|CYFRA|ProGRP|サイログロプリン|BCA225|SLX|CA19-9|NCC-ST-439|PIVKA-Ⅱ|SCC|DUPAN-2 Span-1|TPA|CA602|エラスターゼ1|PSA|STN|CA125|BFP|CA15-3|5-S-CD

ウイルス検査

HBs抗原|HCV抗体|HTLV-1抗体|HIV-1,2抗体

腫瘍マーカー

体の中にがんができると、健康な時にはほとんど見られない特殊な成分が作られて血液中に出現してきます。この成分を腫瘍マーカーと言います。一般にがん細胞の進行とともに増加する特殊な成分で、値が上昇することが、がんの存在、勢いの指標となります。

ウイルス検査

ウイルス検査は、感染症の確認と品質管理の一環として行われます。HBs抗原、HCV抗体は肝炎検査であり、早期発見、治療により、肝がん予防にも繋がります。HTLV-1、HIv抗体はそれぞれ、成人T細胞白血病、後天性免疫不全症候群の検査であり、いずれも早期対応が重要になります。

BAK療法の治療効果

治療効果に対する 学術報告

高い延命効果を実証

患者さんは、副作用もなく日常生活を送れます。たとえ転移した末期がん、進行がんでも、自己免疫能力が保たれた状態で治療することで、高い延命効果が期待できます。

BAK療法が掲載された主な学術誌

2003.06 Cancer Immunology,Immunotherapy 52巻6号
2006.07 日本臨床 64巻7号
2009.03 Biotherapy 23巻2号
2011.03 Progress in Medicine 31巻3号
2011.08 Progress in Medicine 31巻8号
2011.11 癌と化学療法 38巻12号
2015.01 Progress in Medicine 35巻1号

治療効果 海老名博士の研究治療データ(2015年1月現在)

延命効果が認められたケース

(α1-AG 96mg/dl未満)
高度進行がん【ステージⅣ】並びに【ステージⅢ】

がんの種類 患者数 平均余命月
肺がん 68 49.6
大腸・直腸がん 51 45.4
乳がん 46 74.2
胃がん 30 36.8
頭頚部がん 23 54.9
前立線がん 17 68.7
卵巣がん 15 51.2
子宮がん 15 77.8
膵がん 12 19.2
食道がん 10 77.0
腎細胞がん 9 80.0
膀胱がん 8 54.6
悪性黒色腫 8 54.6
胆管がん 3 47.0
その他 22
全固形がん 323 55.2

延命効果が認められた症例数323人
免疫力測定の血液検査項目α1-AG 96mg/dl未満の患者さんでは、高度進行がんでも非常に優れた延命効果が得られています。
免疫細胞「BAK療法」治療開始からの平均延命月は55.2ヶ月です。

※α1-AGとは
主に肝臓で産生され、組織の損傷や感染、炎症により喚起され免疫機能の低下、栄養状態の悪化により増加する。肺がん、肝細胞がんなどの細胞増殖を伴う病態で増加が著しく、患者さんの免疫状態を知る指標として最も優れている。

延命効果が認められたケース

(α1-AG 96mg/dl以上)
化学療法などにより、免疫力が極端に落ちた免疫抑制末期がん

がんの種類 患者数 平均余命月
肺がん 39 7.1
その他 102
全固形がん 141 9.5

延命効果が認められなかった症例数141人
α1-AG 96mg/dl以上で治療するも免疫が回復できず、延命効果があまり得られなかった例です。しかし、副作用やがん特有の痛みへの緩和作用により、生活の質の向上が見込めます。
免疫力が低下する以前の早期に治療することが重要です。

予防効果 海老名博士の研究治療データ(2015年1月現在)

再発予防の症例

手術後転移未確認進行がん【ステージⅡ】
平均延命月121.1ヶ月

がんの種類 患者数
子宮がん 9
胃がん 4
大腸がん 4
卵巣がん 3
肺がん 2
乳がん 2
舌がん 2
膵がん 1
咽頭がん 1
直腸がん 1
食道がん 1
膀胱がん 1
全体 31

仕事の継続などから、免疫細胞「BAK療法」のみで再発予防治療した【ステージⅡ】の患者さん31名は、平均経過年数が10年を超え、121.1ヶ月に及んでいます。
手術によりがんをすべて切除できたとしても、目には見えない微小ながんが残存・存在すると再発する事が多々診られます。
免疫細胞「BAK療法」は、自己の体内に存在している免疫細胞を強化・培養するため、目には見えない微笑ながんを叩く事が可能です。1cm未満のがんは、消滅できるとされています。
一般に7年間再発がなければ完治と判断されることから、121.1ヶ月がどれほどすごい数字かが分かります。
また、治療後のみならず、健康な方のがんを予防としても有効であるとされています。

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:30
木曜 08:30~12:30
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.