熊本市東区の内科・循環器内科・小児科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙治療・在宅診療のグレースメディカルクリニック

がん幹細胞検査(がんの再発と転移の予防・治療の判定)

注目されるがん治療

これまでにがんというのは、遺伝子変異によって制御されないがん細胞があり、それが増殖したり、転移したりすることで体内に広まっていくと思われていました。しかし、がん研究が進み、がん細胞の中に、「循環腫瘍細胞(CTC:CirculatingTumorCell)」と「循環幹細胞(CSC:CirculatingStemCell)」というものが微量ながら存在することが分かったのです。そして、このCTCとCSCが血中を巡り、他の部位や臓器に転移したり、細胞増殖し、完治したと思っていた病状を再発させていることが判明しました。これにより、これらの循環腫瘍細胞と向き合わないと、切除しても、転移や再発の可能性が残ります。しかも、転移・再発後の治療は、最初の摘出手術等よりも遥かに難題でエネルギーを要します。

循環腫瘍細胞(CTC:CirculatingTumorCell)とは?

抹消血循環腫瘍細胞のこと。初期のがん細胞から遊離したもので、血流に入り循環することによって離れた器官に、がんを広げる可能性があります。

循環幹細胞(CSC:CirculatingStemCell)」とは?

がん幹細胞様細胞といい、幹細胞のこと。これが再発、転移の大元で、がんの根源といわれています。上記の循環腫瘍細胞(CTC)の多くは、この循環幹細胞(CSC)の要素を有しています。

がん細胞がいかに手強いか

  • 増殖するため、正常細胞より成長スピードが速い
  • 人の臓器に侵食・浸透していき、転移を活性化する
  • 人の免疫細胞を惑わせ、免疫による攻撃を回避する
  • 自分自身を不死化するように遺伝変化する
  • 自分自身の細胞死に抵抗する能力がある
  • 血管を新生して人から栄養を奪い、人を栄養失調にする
  • 体内に炎症があるとそれを利用して増殖する
  • 生き残り、生長のための経路が豊富である

がんの手強さへの対処方法

抗がん剤や天然成分のがん細胞殺傷効果判定

1CTC、CSCを培養
⬇︎
2抗がん剤や(約50種)、分子標的剤(44種)、天然成分(約50種)を6日間投与
⬇︎
3投与終了後、最も殺傷力のある成分を報告

 
結果では、以下のことをお知らせいたします。

  • がんCTC、CSCに最も殺傷効果があった抗がん剤の報告
  • 最も効果があった分子標的剤の報告
  • 放射線、温熱治療の可否の報告
  • 身体に優しい天然成分の効果判定

患者様が個人的に使用中のサプリメント等、天然成分の効果判定もします。
天然成分には日本由来の製品、アメリカの医療向サプリメント等が含まれ、治療の導入に役立ちます。
購入方法、服用方法は
欧米では患者様の状態によって、抗がん剤が耐えられない状態の場合、天然成分で体調を改善してから行います。

CTC、CSCの遺伝子から見る、個人個人の異なるがんの性格、病態の実態、予後の予測

CTC、CSCの遺伝子の発現を調べます。この発現状態を調べると、がん細胞の性格と共に、予後に対処すべき次の状態が分かります。

  • がんの体内での浸透能力の強さ
  • がんが不死化しているか
  • 強力な転移能力があるか
  • 代謝のスピードを上げて、増殖が強いか
  • 人の血管にパイプを伸ばして栄養を摂る能力が強いか

このような、病気の拡大要因が判明するため、欧米ではこの検査に基づく、悪い遺伝子の発現を抑制するアンチセンス治療があります。この治療は、火事の火元を消す試みです。
 
このように、転移・再発に関わるCTC、CSCの詳細が分かるため、緻密な治療につながる可能性が高くなります。また、治療の効果判定がフォロー検査で分かります。

検査の流れ

CTC検査:検査結果のレポート例

CTC検査:抗がん剤 感受性結果(見本)


この表は、代表的なアルキル化剤と言われる抗がん剤が、CTCとCSC細胞に投与された効果判定の結果です。シスプラチン、カルボプラチンなど典型的な抗がん剤を22種類使用しています。表の上部に80%の線があり、米国ダラス市 ハモン医師によると、欧米の専門クリニックでは、検査では、他の種類の抗がん剤も検証されます。

抵抗性の要因(各マーカーの説明)
1.MDR1:50%の、抗がん剤への抵抗性が出ている。
・栄養素Super Artemisinineがこの発現を落とす。これにより抵抗性を30〜35%落とせる可能性がある。
・この他、クルクミン、パナックス人参、ポーポーなど、抗がん剤より天然成分の方がいい効果の出る可能性もある。
2.MRP:ニューヨークのDR.ゴンザレスは、これの低減に大量のプロレオティック酵素を使用。酵素はいい効果をもたらす場合がある。
3.GST:(グルタチオントランフェラーゼ):15%発現しているため、がんが15%早く抗がん剤を解毒してしまう。

天然成分 参考例

アガリクスブラゼイムリル Agaricus Blazei Murill
アミグダリン(B17) Amygdakin-(B17)
アルテシン® Artecin®
アルテシン®80 Artecin80
アスコルビン酸(ビタミンC) Ascorbic Acid (Vitamin C)
ベルベリン Berberine
ベタロエ BetaLoe
ヌメディカミセライズドD3® Bio D Mulsion/NuMedica/Micellized D3®
酪酸 Butyric Acid
C-スタチン C-statin
ジクロロ酢酸ナトリウム(DCA) Sodium dichloroacetate(DCA)
グラビオラ Graviola
ホノピュア Honopure
リコペン Lycopene
メトフォルミン Metformin
OPCサイエナジー™ OPC Synergy™
オキナワエクストラクツ Okinawa Extracts
オキナワナノ Okinawa Nano
オレアンダーエクストラクト Oleander Extracts
ポリMVA Poly-MVA
プロスステイ ProsStay
プロスステイ ProsStay
サリシニウム™ Salcinium™
スカルキャップ Scullcap
スーパーアルテミシニン Super Artemisinin
アルテシアン®80 Artesiane 80
サイナジーK Synergy K
ティービゴ Teavigo
ウクライン Ukrain
ビタノックス Vitanox
フコイダン Fucoidan
ヒュコイダン Hucoidan
ミッスルトゥ(ヤドリギ) Mistletoe
ラドQOL RadoQOL
サイメックス Thymex
ビルクスカン Virxcan
ジフラメンド Zyflamemd
アロマット8-PNTM Aromat8-PN™
クルクミン Curcumin(tumeric)
ゲニスタイン Genistein
インドール-3-カルビノール Indol-3-carbinol
メラトニン Melatonin
ナルトレキソン Naltrexone(LDN)
ナットウキナーゼ Nattokinase
ポーポーセルレグ™ Paw Paw Cell-Reg™
ケルセトーン Quercetone
クエルセチン Quercetin
レスベラトロール Reseratrol
サルベストロール プラチナム Salvestrol platinum
バスクスタチン Vascutatin

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:30
木曜 08:30~12:00
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.