熊本市東区の内科・循環器内科・小児科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙外来・在宅診療のグレースメディカルクリニック

重金属検査・キレーション

kinzokuimg

重金属検査とは?

重金属検査とは、体内にどれほどの有害重金属が蓄積されているかを調べる検査です。
水銀、アルミニウム、カドミウム、ヒ素、鉛、ニッケル、ベリリウムなどの有害重金属は、食事、水、空気、日用品などから体内に取り込まれ、多彩な症状を引き起こし、老化や体調不良、様々な病気の原因となっています。
その中でも水銀による身体への影響は大きく、原因不明の体調不良や症状は水銀被曝が原因であることも多いのです。
水銀は、銀歯(アマルガム)、ワクチン、魚介類などから知らず知らずに体内に取り込まれているのが実情です。
とくにマグロなどの刺身を好んで食べる日本人の水銀の蓄積量は欧米人に比べて2~6倍も高いと言われています。

主な有害重金属

水銀 魚介類や農薬、アマルガム(注・水銀と他の金属との合金)に多く含まれ、うつ、イライラ、手足の震え、脱毛をもたらす。
排気ガス、白髪染め、缶詰などに含まれ、うつや疲労感、貧血の原因となる。多量摂取が暴力行為につながることもある。
カドミウム タバコや水道水に含まれ、高血圧や腎障害の原因となる。
アルミニウム アルミホイル、歯磨き粉、脱臭剤に含まれ、記憶障害や筋肉の硬直につながる。
ヒ素 農薬、殺虫剤などに含まれ、嘔吐や下痢、便秘、皮膚障害、手足のしびれといった症状をもたらす。
ニッケル 各種化粧品に含まれている可能性があり、ぜんそくやアレルギー、皮膚炎などを誘発する危険性がある。

有害重金属が原因で起こりうる症状

  • 慢性疲労、疲れやすい、スタミナ低下
  • イライラ、キレやすい
  • 頭がぼーっとする
  • 集中困難、短期記憶喪失
  • 頭痛や耳鳴り
  • 筋肉の痛み、肩こり
  • 関節痛、神経痛
  • 貧血
  • 目のかすみ
  • 腹部膨満感、ガス、げっぷ
  • 身体のほてり
  • 傷口が長く治らない
  • 痩せにくい
  • 口臭、体臭
  • しびれやうずき
  • 歯周病、舌苔
  • 口内炎、口腔カンジダ症
  • アトピー、花粉症、喘息、アレルギー
  • 自己免疫疾患
  • アルツハイマー、認知症
  • リウマチ
  • パーキンソン病
  • うつ、自閉症
  • てんかん
  • メタボリック症候群
  • 肛門や膣の刺激、かゆみ、発赤
  • ED

重金属検査を特におすすめする方

  • 「糖尿病」「動脈硬化」と診断された方、またはそのリスクを持たれている方
  • 魚介類を摂取する機会の多い方
  • 喫煙者
  • 妊娠を希望されている方
  • 体内に含有されているミネラル量を知りたい方 など

重金属検査の方法

  1. 毛髪ミネラル検査(検査結果3〜4週間)
  2. 毛髪は便や尿、汗と同じく人間の大切な排泄経路の一つです。
    そこで毛髪に含まれる重金属やミネラルを測定し、その排泄量から重金属蓄積や排泄能力、ミネラルバランス、腸内環境を推測する検査です。

  3. メタル尿検査(検査結果3〜4週間)
  4. キレート剤(DMSA)などを使った際の重金属やミネラルの尿からの排泄量を見る検査です。
    体内に重金属が蓄積している場合、薬剤やサプリメント、点滴を使用して重金属を排泄する治療(キレーション)を行いますが、その際多くの重金属は便や尿中に排泄されていきます。
    そのために行うのがこの検査になります。

体の不調は遅延型アレルギーや有害重金属が原因かも
正しい検査とキレーションで自分の体を把握し改善へ

食物アレルギーの一種に、症状が遅れて発症する遅延型アレルギーがあります。先天的なものやストレスが原因と思われているさまざまな疾患は、この遅延型アレルギーだったり、体内の有害重金属によって引き起こされたりしている可能性もあります。
検査方法など詳しくお伝えいたします。

遅延型アレルギーとは?
食物アレルギーには主に「IgE依存性過敏性アレルギー性反応(即時型アレルギー)」と「非IgE依存性過敏性アレルギー性反応(遅延型アレルギー)」の2通りがあります。即時型アレルギーは、原因となる食物を口にしてから数秒~数時間でアレルギー性ぜんそく、口腔アレルギー症候群、アトピー性皮膚炎などが起こります。
発症が早いため、食物と症状の関連性が明確になりやすいのが特徴です。一方、遅延型アレルギーは症状が遅れて発症し、重篤な症状はほとんど表れません。遅延型アレルギーを知らない医師だと、放置されたり、単なる体調不良と診断されたりすることもあります。
遅延型アレルギーの症状とは?
アトピー性皮膚炎、慢性の下痢、ぜんそく、偏頭痛など、関係があるとされる症状は多様にあります。小麦や米など主食となる食べ物がアレルギー源の場合、毎日継続して食べることから症状が続き、「疲れやすい体質だ」「精神的な症状はストレスのせい」と、自分自身も病気であることに気づかないことがあります。
検査について教えてください。
ごく少量の採決で、96種類もの食品を調べることができます。検査後2~4週間以内に結果が報告され、アレルギーの原因となる食物を一定期間、避けることが治療と考えられていますが、多くの食物に反応が出た場合、栄養バランスを崩すなどの弊害が生じます。原因を特定した上で、過度な食事制限を設けず、腸内環境の改善を図ることが重要です。
体内の有害重金属とは?
水銀、アルミニウム、カドミウム、ヒ素、鉛などの有害重金属が、食事などの日常生活の中で体内に取り込まれるもので、さまざまな症状を引き起こします。中でも水銀による体への影響は大きく、原因不明の体調不良や鬱(うつ)、自閉症なども水銀被ばくが原因であるともされています。特に、糖尿病や動脈硬化と診断された方、魚介類をよく食べる方、妊娠を希望している方には重金属検査を受けることをお勧めします。
検査方法を教えてください。
重金属検査には、毛髪ミネラル検査とキレーション尿検査の2通りがあります。尿検査は、DMSA(解毒剤)を服用して重金属を排出する治療(キレーション)と並行して行うため、より正確な結果が期待できます。

料金案内

毛髪ミネラル検査 12,000円(税別)
メタル尿検査/th>

22,000円(税別)

※キレーション治療を行なうためには、事前採血が別途必要です。

提携医療機関

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:30
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.