熊本市東区の内科・循環器内科・小児科・糖尿病脂質代謝内科・禁煙外来・在宅診療のグレースメディカルクリニック

CanTect(ガン遺伝子検査)

CanTect(ガン遺伝子検査)

Cantectとは?

CanTectとは、採血によるガン遺伝子の検査です。
ガンになる前にリスクを評価し、ガンを未然に防ぐチャンスを与えることが可能です。また、ガン治療後のガン再発リスクも評価することができます。

なぜ、ガン細胞ができるのか?

cantect01
cantect02

CanTect検査の4つの特徴

超早期リスク評価ができます

画像診断や内視鏡検査では確認できないごく小さなガン(5mm以下)でも、ガン細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA、RNA)などを解析し、細胞レベルの”ごく小さなガン”の存在リスクを評価します。

予防管理

画像診断や内視鏡では確認できない”ごく小さなガン”の存在リスク、あるいは遺伝子変異による”発ガンリスク”の評価などを継続的に行い、ひとりひとりの体質や生活習慣に合った最適な予防管理指導を実現します。

再発防止管理

画像診断では追跡できないガン治療後の”ごく小さなガン”により”ガン再発リスク”を評価します。ガン治療後、「ガン再発にむかって進行しているのか」、「改善されつつあるのか」をリスク評価し、ひとりひとりの状態に合った再発防止指導を行います。

安全性

検査に要するのは約20mlの血液のみです。他の画像診断のような放射線被曝や強力な電磁波などによる人体への悪影響の心配はありません。

従来の検査方法との比較

すでにガンを発症しているかどうかは、従来の画像診断などのガン検診で発見されます。
超早期ガン、ガン発症前のリスクの検査は遺伝子検査で調べることができます。
cantect03

検査の流れ

医師による説明
まずは医師の説明を受け、検査の内容を確認してください。
採血
あなたの血液をわずか20ml程度採血するだけで検査が可能です。
検査
約2〜4週間かけて検査します。
レポート
発ガンリスクや予防管理について検査結果をレポートにまとめます。
結果説明
レポートをもとに、診断結果について医師より丁寧にご説明いたします。

よくあるご質問

この検査を受診すれば、一般の画像診断などによる「ガン検診」は受診する必要がないのですか?
そうではありません。
「ガン遺伝子検査」は、一般の画像診断などによる「ガン検診」では判断不可能な”超早期のガンリスク”を評価し、ガン予防に有用な情報を補完的に得るものであり、定期的な一般の「ガン検診」と合わせて受診することにより、「ガンの早期発見、ガンリスク段階での予防」を目指すものです。
この検査は、放射線、電磁波などによる身体への悪影響はありますか?
検査に必要なのは約20mlの採血だけであり、放射線や電磁波などは使用しませんので、身体に対する悪影響はありません。
この検査で「リスクあり」と判断された場合はどうしたらいいのですか?
まずはかかりつけの医師にご相談ください。画像診断などの結果と合わせ、予防、経過観察、治療計画などについて医師の指導を仰ぎましょう。
この検査と、画像診断などによるガン検診の両方を受診することにより何が得られますか?
双方の検査結果に異常がなければ「ガンに対するより深い安心感」、ガン遺伝子検査のみに異常があれば「予防する機会」、画像診断などによるガン検診で異常があれば「早期発見・早期治療の機会」などが得られます。

CanTect検査の詳細一覧

総合検査コース リスク評価コース FreeDNA濃度検査
FreeDNA濃度解析
がんリスク評価 ×
遺伝子発現解析 ×
突然変異メチル化解析 × ×
採血量 25ml 20ml 5ml
検査日数 約28日 約21日 約7日
金額(税抜) 250,000円 150,000円 25,000円

お問い合わせ先 TEL 096-360-9013 平日 08:30~12:00/15:00~18:30
土曜 08:30~12:30
休診 木曜午後・土曜午後・日祝日・お盆・年末年始

PAGETOP
Copyright © グレースメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.